喰うか喰われるか!?いや、実際喰われてるんですっ!

くまです。

行ってきました!

世界で最も心臓に悪いダイビング「伊戸」へーーー

メンバーはー

北鴻巣から橋本さんと五右衛門ご夫妻

行田からたもさん

北本のいくちゃん

そしてたもさんのバディの鈴木さん

 

朝はアクアラインの海ほたるでー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新商品のこれ!んーーーー!

普通に甘い汁やぁ。。。

 

さー伊戸に着いてー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おー!青空も見え始めいい――感じ!

 

おー!たもさん。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パパの初代ドライを完璧に着こなしておられるーw

 

1本目は9時出船!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さーさーさー移動時間は3分もあればポイントに到着しますー

エントリー!水温23度透明度15m!いー感じモード!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

流れも弱いので皆様するっと水底へ降りれこられてー

1本目は様子見でのんびりダイブー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イソギンチャクに50匹以上のミツボシクロスズメダイがわんさかいてー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

佐渡や波左間で有名なコブダイもー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白いあごひげが特徴のヒゲダイもいてー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安全停止中に「ヘルメット潜水」同士のオーナー塩田さんと撮って終了!

帰りのボートの上では今度はカモメたちが我らのボートを取り囲みー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

餌もらいにミャーミャー大騒ぎ―

 

さー2本目

エントリーしたらもう。。。

ドチザメやアカエイが水底にぐるんぐるんして我々の到着を待っております!!

まずはみんなで記念撮影

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろの黒い塊は全部サメとエイ。。。

近くに行くと―

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通称「シャークタワー」が完成しております!

もうね、サメも渋谷のハロウィン並みのお祭り状態なんですー

とにかくやべーんです。。。

距離が近いとかぢゃなくて。。。

がつんがつんぶつかってはレンズに噛み付いてくる―!(^^)!

エイはずっと頭のヘルメットをガージガージかじってる。。。

 

一体ダイバーの周りにどれだけいるかっていうと―

360度くるっとサメまみれきゃっほい♪

サメ好きには堪らないんです!!!

サメ嫌いな方は、中層で浮いてそーっと見てもらうんです。。

 

でももう、さすがにサメも人間を警戒しないので。。。

ここらでちょっと、人間本来のサメ狩りの姿を見せてやりましたよ!

「ダンソン!フィーザキー ドゥーザティーサーザ コンサッ!」」

「サメ ニーブラッ!」

 

はー楽しかった―(●´ω`●)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆様もどっぷりサメとエイまみれになって頂きましたー

 

2本終えて、器材洗って干したとたんに土砂降りきゃっほい。。。

しかもー濡れながら片付けてー出発したらー

すでにアクアラインが渋滞始まってるって。。。

 

なのでー今回のランチはー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ魚鷹さんでー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コスパ最強のお寿司買って頂き―

車内で召し上がって頂くシステムに―(●´ω`●)

 

それでもアクアラインは車びっしり―

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨も止まず―切ないやーつー

海ほたるまで来ちゃえば渋滞回避できるので―

海ほたるでログ付け&お買い物タイムー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今ツアーに参加されるとー

メーカーからの試供品いろいろ配らせて頂いて盛りますー

今回はめちゃいい香りのする柔軟剤♪

 

無くなるまでお配りしまーすー

 

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!

 

次回のサメツアー!12月2日(日)残席2!!!

気になる方はお早めにお申し込みくださいませ_(._.)_

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>