名前の由来は「甚平」だからジンベーザメでなくジンベイザメ

くまです。

話題沸騰の「千葉のジンベイザメ」ツアーヘ!!

 

メンバーは熊谷からさくちゃん、鴻巣からよーずぃ、るーちゃん、上尾ピックアップのゆーこさん

んーーー天気微妙!

風も北風がかなり強めで厳しいかも!

 

しかーし!日帰りツアーの千葉であの魚類最大の「ジンベイザメ」に逢えるならばー一か八か行くしかない!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドン曇りのアクアラインで朝ごはん食べてー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

波左間に一番乗りで到着!

もちろんMAXドン曇り!

 

ボートも揺れに揺れてーえーらいこっちゃ、、、

これでまた前回みたいに水底まで流れてたらどうしましょ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

にゃにおーーーーー!!!!!!

めっちゃ青いやん!!!

流れも無くていー感じ!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥居でゆっくり記念写真撮ってー

社長も同じボートだったのでー

 

名物「頼子」も近くに来てくれる(^^♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手乗りコブダイからのー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肩乗りコブダイ

って近すぎじゃね!?(´◉◞౪◟◉)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後もゆっくり水中神社参拝してー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

休憩は世界初?ドーム型の水中カフェでー

よーずぃはアロエヨーグルトでまったりと(^^♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安全停止は5mのバーにつかまってー♪

よーずぃはプロダイバーだからー

バーを使って鉄棒よろしく「あらよっと」逆立ちの余裕っぷり

 

かと思ったら単にウェイト軽すぎて、浮いてくの必死にこらえてるの図w

 

さー休憩ですよー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あのー社長。。。もうちょっと、このー休憩スペースを快適なものにして頂けたらありがたいのですが。。。

 

さー!2本目はいよいよジンベイザメに逢いに!!!

水深7mの網の中の砂地に着底して待つ!

大雨で川の水が入り込み。。。

1本目の透明度はどこへやら。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジンベイ見えるけど、すぐ視界から消える。。。

 

なので見つけたらフルダッシュ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゆーこさん!去年のジンベイサメツアーでまだまだ経験本数が少なく、船酔いと波酔いとコテンパンにされましたが、今年は見違えるようにレベルアップされて!ジンベイと並走できるまでに!

良かった良かったー(*^。^*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなもジンベイと共に泳げてる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも近づきすぎると。。。

さくちゃん!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頭喰われた!!!w

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年この子はほんとでかい!

6mだって!!!

6mのジンベイザメの顔の正面顔ってどんなだろー!?

 

よーずぃ!プロだから頑張って写真に収めて!!!!

プロの写真↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おー!!!でかいでかい!ジンベイザメの正面顔!!!と思ったらーーーー

 

その横に何やら深紅の丸いものがー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラのふたががっつり入りこんどるやんけー!

本日最大のやらかしよーずぃw

 

大興奮で2ダイブを終えー

さーランチは海鮮祭りやで!

いつものテイクアウトのお寿司屋さんの前にー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぬあー!牡蠣美味しそう!!!!

白ワイン蒸しにして、オイルと岩塩掛けて食べたしっ!!!

これは新商品!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

千葉名物なめろうをメンチしてしまい、さらにパンに挟む斬新さ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかしー我々はーお寿司買ってー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道の駅で「つみれ汁180円」と共にー

これで1000円しないって神(^^♪

 

暴風雨が心配されましたが、結果行けてよかったツアーになりました。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>